症状

親知らずとは、智歯とか第3大臼歯または8番ともいわれます。10代後半から20代前半に生えてくる歯のことです。必ず生えてくるというわけではなく生えてこない人もいます。親知らずは、上下左右の一番奥に生えてきます。 口の中の一番奥は歯茎の生えるための場所が狭いために、横にはみ出すように生える場合があります。そのため横の歯を圧迫するため、歯並びが悪くなってしまうのです。 また、歯磨きを丁寧にしても奥まで行き届かず磨き残しが多くなってしまいます。親知らずと隣合う歯まで、虫歯になる危険性が増してしまうのです。 歯垢や歯石がたまりやすくなり、口臭の原因にもなります。 親知らずが生えてきたら抜いたほうがいいと言われるのはそのためなのです。

親知らずが生えてきたら抜いたほうがいいと言われています。 歯並びが悪くなり虫歯になることが多いからです。親知らずが生えてくるのは10代後半から20代前半ですが、その時期に歯科矯正を考えている場合には抜いてからしたほうがいいといえます。 抜かないまま矯正をすると治療後しばらくしてから、歯並びが元に戻り悪くなってしまうことがあるからです。 妊娠中の女性は、ホルモンバランスの影響で虫歯になりやすいと言われています。 親知らずを抜かないままにしておくと、妊娠してから虫歯が悪化してしまいます。痛み止めの薬を飲まないためにも抜いておくとよいのです。 親知らずが生えてきても抜かない場合もあります。 噛みあわせに問題がなくきちんと噛み合っていれば抜く必要はないのです。 親知らずが生えてきたら、歯科医で健診してどうするのか相談したほうがいいのです。