メリットを知る

機能性・審美性ともに優れた治療技術

義歯といえば以前は機能性を重視するなら保険診療の入れ歯やブリッジで、審美性にこだわるなら自費診療の金歯やプラチナでという具合に2通りの治療手段がありましたが、近年ではこの両方を兼ね備える治療が人気を集めています。それがインプラント治療です。 インプラントとは金属製の人工歯根のことで、これを顎の骨に直接埋め込み、しっかりと固着させてからその上に義歯を取り付けるのがインプラント治療です。現在では事故によって顎の骨を損傷するなど特別な場合を除いては自費診療となっており、当面保険適用となる見込みはありませんが、普及が進むにつれて費用は徐々に安くなる傾向にあります。将来的にはより身近な治療法になるものと予測されます。

信頼できる歯医者さんを選ぶことが大切

インプラントが機能性と審美性を兼ね備えていると言われる理由は、その使い心地と外観が天然の歯とさほど変わらないぐらい自然であるという点にあります。骨と固着した人工歯根はぐらつきにくく、噛む力がほとんど低下しません。また寿命も入れ歯やブリッジに比べると長く、メンテナンスをしっかり行うことで数十年単位で長持ちさせることができるという報告もあります。 ただ、いくつかの課題もあります。1つは、顎の骨の状態によっては施術できないケースもあるということです。そしてもう1つは、外科手術を伴うため成功率が医師の技術によって左右される可能性が比較的高いということです。そのため、施術を希望する場合は過去の実績などを考慮したうえで信頼のおける歯科医院を選ぶ必要があります。